「経済学道場」学習支援コンテンツ

東京都庁Ⅰ類Bの財政学(テーマ別)

平成17年~平成27年の間に、東京都庁Ⅰ類Bに出題された財政学の設問をテーマ別に分類してみました。
年度別はこちら

(1)国家財政

  • マスグレイブの財政の3機能について、具体例を挙げながら説明せよ。(平成27年)
  • 財政の経済安定化機能について、自動安定化装置と裁量的財政政策とを対比させて説明せよ。(平成17年)
  • 予算の意義を述べた上で、予算原則のうち、完全性の原則、単一性の原則及び限定性の原則について、それぞれ説明せよ。(平成26年)

(2)租税制度

  • 直接税と間接税について説明し、わが国の税制における直接税と間接税の特徴についても言及せよ。(平成18年)

(3)租税理論

  • アダム・スミスの租税原則及びワグナーの租税原則について、租税の負担配分及び財政の役割を踏まえて、それぞれ説明せよ。(平成20年)
  • 租税負担の配分原則である利益説及び能力説について説明せよ。(平成25年)

(4)地方財政

  • 地方税の原則について説明せよ。(平成23年)
  • 地方交付税制度について、その目的及び機能を述べ、普通交付税の算定方法について説明せよ。(平成21年)

(5)公債

  • 公債の特徴を租税の特徴と対比して説明し、公債発行に伴うクラウディング・アウト効果についても言及せよ。(平成19年)
  • リカードの中立命題及びバローの中立命題について、それぞれ説明せよ。(平成22年)

(6)マクロ経済学

(7)ミクロ経済学

  • 市場の失敗を説明した上で、公共財の特徴及び種類について説明せよ。(平成24年)

→ 年度別はこちら

PAGETOP
Copyright © gakushu.info All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.