「経済学道場」学習支援コンテンツ

自然失業率仮説

自然失業率仮説

自然失業率仮説について、フィリップス曲線を用いて説明せよ。(平成19年)

(一問一答から)
[135] 物価版フィリップス曲線では、( 物価上昇率 )と↓
[136] ↓( 失業率 )の間の↓
[137] ↓( 負の相関関係(トレードオフ関係))を表す。
[138] 完全雇用が達成されているときの失業率を( 自然失業率 )という。
[139] 長期的にはフィリップス曲線はこの水準で( 垂直 )の形となる。

↓文章化

  • 物価版フィリップス曲線では、( 物価上昇率 )と( 失業率 )の間の( 負の相関関係(トレードオフ関係))を表す。
  • 完全雇用が達成されているときの失業率を( 自然失業率 )という。長期的にはフィリップス曲線はこの水準で( 垂直 )の形となる。

(書き足す内容)

  • 期待物価上昇率(期待インフレ率)の定義。
  • 景気拡大政策によって、現実の物価上昇率が上昇。
  • 期待物価上昇率と現実の物価上昇率が乖離する。
  • 短期的には「貨幣錯覚」が発生する。
  • 労働需要と労働供給の変化について説明する。
  • 長期的には「貨幣錯覚」が解消される。
  • 失業率は「自然失業率」水準にもどる。

これらは、有料版には掲載されています。
→このテーマの「経済学道場」の該当ページ

PAGETOP
Copyright © gakushu.info All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.