「経済学道場」学習支援コンテンツ

東京都庁Ⅰ類Bの経済学(年度別)

平成17年~平成27年の過去問です(新しい順に並べております)。
→テーマ別はこちら

(平成27年)
生産物市場における独占企業の価格及び生産量の決定について、完全競争市場との違いに言及しながら、図を用いて説明せよ。

(平成26年)
金融政策の効果について、流動性のわなに言及しながら、IS曲線とLM曲線を示した図を用いて説明せよ。

(平成25年)
損益分岐点及び操業停止点について、図を用いて説明せよ。

(平成24年)
ライフサイクル仮説の意義を述べた上で、ライフサイクル仮説について図を用いて説明せよ。

(平成23年)
需要の価格弾力性について、図を用いて説明せよ。

(平成22年)
新古典派経済成長モデルにおける定常状態について、マクロ生産関数Y=F(K,L)を用いて説明せよ。ただし、Yは生産量、Kは資本ストック、Lは労働供給量をそれぞれ表すものとする。

(平成21年)
外部不経済について、市場メカニズムでは効率的な資源配分が達成できないことを図を用いて説明し、ピグー税及びコースの定理についても述べよ。

(平成20年)
費用逓減産業における自然独占について説明し、政府による価格規制についても言及せよ。

(平成19年)
自然失業率仮説について、フィリップス曲線を用いて説明せよ。

(平成18年)
投資の決定について、ケインズ的投資理論、新古典派の投資理論及びトービンのq理論を比較して説明せよ。

(平成17年)
独占的競争について図を用いて説明せよ。

→テーマ別はこちら

関連テキスト販売

経済学の論述解答例20

PAGETOP
Copyright © gakushu.info All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.