「経済学道場」学習支援コンテンツ

新古典派経済成長モデル

新古典派経済成長モデル

新古典派経済成長モデルにおける定常状態について、マクロ生産関数Y=F(K,L)を用いて説明せよ。ただし、Yは生産量、Kは資本ストック、Lは労働供給量をそれぞれ表すものとする。(平成22年)

(一問一答から)
[153] 新古典派モデル(ソロー=スワン・モデル)では、結論として最適成長は( (安定的に)実現する )ことを示している。
[154] このモデルでは、生産関数は( コブ=ダグラス型 )を想定しているため、↓
[155] ↓資本係数(ⅴ)は( 可変的 )である。
[156] この生産関数について、資本と労働は( 代替的 )である。
[157]新古典派モデル(ソロー=スワン・モデル)では、保証成長率を、貯蓄率(s)と1人当たり生産量(y)と資本装備率(k)を用いて、「( Gw=s・y/k )」とあらわす。
[158] 1人当たり生産量(y)は、国民所得(Y)と労働人口(L)を用いてあらわすと、「( y = Y/L )」となる。
[159] 資本装備率(k)は、資本(K)と労働人口(L)を用いてあらわすと、「( k = K/L )」となる。
[160] 労働市場で完全雇用が達成されている自然成長率(Gn)は、( 労働人口増加率 )と等しい。
[161] よって、最適成長条件(Gw=Gn)は、「( sy/k =労働人口増加率 )」となる。

↓文章化

新古典派経済成長モデルについて

  • 新古典派モデル(ソロー=スワン・モデル)では、結論として最適成長は( 安定的に実現する )ことを示している。
  • このモデルでは、生産関数は( コブ=ダグラス型 )を想定しているため、資本係数(ⅴ)は( 可変的 )である。この生産関数について、資本と労働は( 代替的 )である。
  • 新古典派モデル(ソロー=スワン・モデル)では、保証成長率を、貯蓄率(s)と1人当たり生産量(y)と資本装備率(k)を用いて、「( Gw=s・y/k )」とあらわす。
  • 1人当たり生産量(y)は、国民所得(Y)と労働人口(L)を用いてあらわすと、「( y = Y/L )」となる。
  • 資本装備率(k)は、資本(K)と労働人口(L)を用いてあらわすと、「( k = K/L )」となる。
  • 労働市場で完全雇用が達成されている自然成長率(Gn)は、( 労働人口増加率 )と等しい。
  • よって、最適成長条件(Gw=Gn)は、「( sy/k =労働人口増加率 )」となる。

(書き足す内容)

  • 「定常状態」について説明が必要。
  • 現実の経済成長率(G)が保証成長率(Gw)から乖離しても、「資本装備率」(k)が適切に調整され、「最適成長」が達成されることを示す。
  • なるべくグラフを示したほうがよい。

資本装備率の調整プロセスについては、有料版には掲載されています。
→ このテーマの「経済学道場」の該当ページ

さらに学習をすすめるには

PAGETOP
Copyright © gakushu.info All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.